東北福祉大学ロゴ


    情報を活用する能力を身につける

  •  私たちの身近にはさまざまな情報があふれています。中でもインターネットは情報の宝庫であり、必要な情報が瞬時に取り出せる夢のようなメディアと言えます。

     たとえば、人工衛星から撮影された地上の膨大な写真や詳細な気象データなどがネット上で公開されています。この中からある特定の地域の写真を時系列的に分析することによって、その地域の温暖化や砂漠化の進行状況がより詳細に分かるのです。また、気象データとも見比べることによって、分析結果の信憑性を増したり、別の角度から分析したりするも可能となるのです。以前は、人工衛星からのデータを見るためには特別な権限が必要であったり、膨大な費用がかかったりしました。しかし、現在では、そのほとんどがネット上で無料公開されています。つまり、現在最も重要とされている「環境問題」について、情報を活用することによって誰もが本格的に取り組むことが可能なのです。

     ただし、データをただ漫然とながめているだけでは新しい情報を得ることはできません。膨大なデータの中から特徴点を見つけたり、規則を発見したりするためには、データマイニング(データベースの中から役立つ新しい情報を取り出すこと)やデータを加工する技術が必要になります。

     その社会にて求められる「情報を活用する能力」を情報処理論Ⅰ・Ⅱ、情報セキュリティ管理論などの知識修得の講義と情報福祉基礎実習Ⅰ・Ⅱやプログラミング基礎実習などの実習系講義を積み重ねながら、育成します。

    1年生の講義風景
    プログラミングの講義風景


デザイン・発信能力>

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto福tfu-mail.tfu.ac.jp※
       助 教  高橋 俊史 t-taka福tfu-mail.tfu.ac.jp※
※迷惑メール対策のため、メールでのお問い合わせの際はお手数ですが、「福」を「@」に修正ください
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.