東北福祉大学ロゴ


    社会人にとって不可欠な汎用的能力を身につける

  • 大学教育を指導する文部科学省では、大学教育において、

     【 学士力 】
      1.知識・理解(文化,社会,自然 等)
      2.汎用的技能
       (コミュニケーションスキル,数量的スキル,問題解決能力等)
      3.態度・志向性(自己管理力,チームワーク,倫理観,社会的責任等)
      4.総合的な学習経験と創造的思考力

    の修得を掲げています。

     本学科における学士力修得の目標としては、知識やスキルの断片を離散的に修得するのではなく、それらを融合することによってトータルバランスの高い人材への育成を最大の目標としています。そのためには、社会人として不可欠な汎用的能力である、コミュニケーションスキル、数量的スキル、ライティングスキル、マネジメントスキル、ICT(情報通信技術)スキル、プレゼンテーションスキル、問題解決スキルなどをゼミの中で一貫して教育します。

     中でも問題解決スキルの向上には力を注いでおり、そのためにPBL(Problem Based Learning:問題を自ら発見し、チームで策を練りながら、その問題を実際に解決していく教育手法)を実施しています。PBLの一例としては、1年次のゼミ内においてチームを編成し、バリアフリーをテーマに地域に出向き、現状を調査し、何が問題なのか、もし問題があればどうすればその問題を解消できるのか考察し、その結果を発表し、さらに同じゼミメンバーで討論をするといった実践を行っています。

     この過程において、自らの知識・理解の能力を確認するだけでなく、教員やチームのメンバーとのコミュニケーションやマネジメント能力、発表スキルといった汎用的能力を磨くためのさまざまな工夫が組み込まれております。そして、4年次の卒業論文までの間に同様の過程を積み重ねるとともに、問題に対する提案だけでなく、提案の実践も行うことで、発信力や実践することの意義などを理解し、より実践向きの汎用的能力を身につけることができる教育を行っています。

    卒業生コメント:村上佳史君「NEC拡販事例発表大会最優秀賞」 受賞

    重度障害者ICT支援コーディネータ資格取得風景
    重度障害者ICT支援コーディネータ資格取得

 <システム開発能力


〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto福tfu-mail.tfu.ac.jp※
       助 教  高橋 俊史 t-taka福tfu-mail.tfu.ac.jp※
※迷惑メール対策のため、メールでのお問い合わせの際はお手数ですが、「福」を「@」に修正ください
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.