東北福祉大学ロゴ


    以下は、2018年度の情報福祉マネジメント学科の情報となります。

    卒業式が挙行されました

  •  3/20 晴天のもと、本学の卒業式が無事に執り行われました。
     今年も式終了後には、卒業する先輩を祝う声、そして、卒業生と教職員が共に感謝し合う声など、様々な歓声が本学の中庭に広がりました。そして、今年度も本学科の卒業論文において特に素晴らしい研究を行った阿部未果さん、髙橋諒吏くんへは、学科独自の取り組みとして学科長賞が送りました。  阿部さん、髙橋くんをはじめとして、学科卒業生たちが大学で学んだことを糧に、社会で羽ばたいてくれることを願うばかりです。

      ●大学公式:平成30年度「学位記・卒業証書授与式」

    掲示日:2019/3/20

    卒業論文発表会が実施されました

  • タイトル:作成した義手を見せて発表をする学生の写真  2月14日に651、652教室にて、平成30年度 情報福祉マネジメント学科 卒業論文発表会が実施されました。本学科では、卒業論文の成果を、10分のプレゼンテーション+5分の質疑応答を通して、教員、同級生、そして後輩たちに説明をする公開型の発表会を実施しております。
     例年、卒業論文に取り組む4年生からは、教員や多くの後輩たちの前に立って発表し、質疑応答に応えることは、大変だという声が聞こえてきます。もちろん、多くの人の前で発表し、前触れのない質疑に対応することは並大抵のことではありませんが、自分の研究したこと、学んだことはしっかりと話しができるという経験をぜひ大学での学びの集大成としていただきたいです。発表を行った4年生のみなさま、運営に関わった学生の皆様、本当にお疲れ様でした。

    掲示日:2019/2/18

    産学協同でのインターンシップ開発

  •  宮城県情報サービス産業協会(MISA)の依頼を受けて、『2019春《MISA×地域大学カリキュラム共同開発》IT業界インターンシップ』に本学も参加しております。
     本学の関わった内容は、学生からよく聞かれる情報系企業で働くとはどんなことなのかを理解してもらうために、5日間という期間の中で、模擬依頼者の要件を聞き、システム設計、開発、そして、納品という情報システム開発の一連の流れを体験する「【MISA】《情報系》ITシステム開発プロセス体験インターンシップ」カリキュラムを考案しました。ぜひ多くの学生にご参加いただき、コメントをいただけると幸いです。

    ●一般社団法人 宮城県情報サービス産業協会 伊達なICT-WORK

    掲示日:2019/1/30

    産学官金連携フェア2019に出展しました

  • タイトル:来場者に出展物の説明をする学生の写真  1月22日に開催されました産学官金連携フェアに本学科より大内誠ゼミ、漆山純一ゼミが出展いたしました。今年も4年生の卒業論文での研究を中心とし、ALS患者向け筋電ゲームや学科に導入した3Dプリンタを用いた義手製作、聴覚障害児の助詞学習アプリケーション、モーションキャプチャを用いた介護動作学習アプリ、指点字の入出力装置を出展いたしました。
     出展を見ていただいた方からは、研究で終わるのではなく、ぜひ事業としての展開も視野に入れるともっと良いなど、多くのコメントをいただき、学生にとってとても良い経験となりました。

    ●大学公式:「産学官金連携フェア2019みやぎ」に大内ゼミ、漆山ゼミ、関川ゼミが出展

    掲示日:2019/1/30

    冬季休業期間のお知らせ

  •  12月28日~1月6日までの間、通学生は冬季休業期間に入ります。平成最後の年末年始を実家で過ごしたり、友達と想い出を作る、バイトや課題に追われるなど様々な時間を過ごすと思います。講義が再開となる7日以降は、各曜日で1,2回の講義が終了すると定期試験に突入となり、大学生の1年間のまとめの時期に入ります。そのため、年末年始を有意義に活用してくれることを期待し、1月7日に笑顔で再開できることを願っています。

     ・12月28日~1月6日   通学生冬季休業

    掲示日:2018/12/25

    宮城県警察本部から感謝状をいただきました

  • タイトル:感謝状を持った学生の写真  2018年5月に宮城県警察本部にて委嘱いただきました宮城県警察大学生サイバーボランティアとして、本学科の学生たちが大きく貢献したとして、感謝状をいただきました。
     本活動では本学科の2〜4年生21名が参加し、SNS等の不適切投稿の発見・通報を行い、インターネットがより安全・安心に活用できるように貢献しました。
     今後も学科としての地域貢献として、地域だけでなく、情報社会の基盤となるインターネット上においても貢献できる人材育成に努めて参ります。

    ●大学公式:宮城県警察本部から感謝状/サイバー防犯ボランティア活動結果報告会

    掲示日:2018/12/25

    コース説明会を実施しました

  • タイトル:コースを説明する教員の様子の写真  大学入学する際の目標として、まずは大学に入学することという話を耳にすることがあります。そして、入学した先で自分は何を学ぶことが良いのだろうか、将来どんな仕事に就くのが良いだろうか?ということにつながることがあります。そして、学生の中には、自分の先が決まっていないことに劣等感を抱くこともあるようです。
     ですが、大学はモラトリアムの時期で、社会に出るための猶予期間という話がありました。それと同じように大学では迷っても良いと思います。しかし、講義選択に迷い、卒業時に自分が何を学んだのか見失うことは残念ですので、自分の学びの道筋を作るためのコース説明会を実施しました。
     各コースの特色等を聞き、学生たちには迷いながらでも自分の学びの道が少しでも見えてきたら良いなと思います。

    掲示日:2018/12/17

    リエゾンゼミⅡ説明会を実施しました

  • タイトル:ゼミ説明会の様子の写真  本学科では、ゼミでの教育を重要視し、1年次の基礎から2~4年次の各ゼミでの専門的な積み上げ式の学びが大学時代の大きな役割を占めると考えております。そして、2年次から各教員のゼミに配属される前に、有意義なゼミ選択をしてほしいという願いから、学科独自にゼミ説明会を実施しております。
     このゼミ説明会については、基本として教員が各ゼミの説明を行うのではなく、各ゼミに所属する学生が学生の視点にて紹介することとしております。そのため、今年度も各ゼミが趣向を凝らしたゼミ紹介が行われましたので、1年次学生には各ゼミの個性が伝わったのではないかと思います。

    掲示日:2018/12/17

    ルワンダよりゲストをお招きし講演を行いました

  • タイトル:ゼミ内で報告をしている様子の写真  石野教授が担当する国際協力論におきまして、アフリカのルワンダに義肢製作と無料提供を行っているNGO「ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」のガテラさん、真美さんご夫妻をお招きし、講演会を行いました。
     「ルワンダ大虐殺から四半世紀〜2020年東京パラリンピックを目指して」という演題にて、ルワンダの歴史から現況まで、そして2020東京パラリンピックに向けた想いを講演いただきました。
     そして、最後には参加した学生等へぜひルワンダを見てほしい、ルワンダの人たちと一緒に活動してほしい、そして、今皆さんが学んでいることは多くの人に役立つことであるなど、学生へ熱く語りかけていただきました。

    ●大学公式:「国際協力論」でルワンダからのご夫妻が講演しました

    掲示日:2018/12/17

    リエゾンゼミⅠ PBLの報告会を実施しました

  • タイトル:ゼミ内で報告をしている様子の写真  PBL(Problem Based Learning:問題解決型学習)を目的とした、視察の報告を実施しました。
     リエゾンゼミⅠのプログラムの一環として実施していることもあり、各ゼミ内にて視察内容を基礎に、各学生が感じたこと、問題視したこと、そして、その解決のためのアイディアなどの報告を行いました。報告の一例としては、震災発生時の避難誘導であったり、今後の被災地の復興方針などが挙げられました。
     1年次の報告ということもあり、まだまだ検証が不足している部分などについて教員から厳しいコメントが出る場面もありましたが、これを糧として、卒業論文の時に地域へ貢献できる研究へ繋げてくれることを期待しています。

    掲示日:2018/12/17

    今年もPBLを目的とした被災地視察を行いました

  • タイトル:語り部の方のお話を聞く様子の写真  本学科のリエゾンゼミⅠの学びの集大成として今年も問題解決を行う中で必要なスキルを学修するという学習法、PBL(Problem Based Learning:問題解決型学習)に取り組みました。
     今年度も被災地の抱える問題をテーマに、宮城県名取市の閖上地区を対象とした視察を実施しました。今回の視察でも語り部の方から当時の様子や現在の復興状況などについてのお話をお聞きました。教員の目から見ると、PBLでの訪問を始めた時から見て、震災の面影はどんどん少なくり、復興が進んでいるように見えましたが、お話を聞くかぎりでは、まだまだ考えなければならないことがあることを学びました。
     そして、学生たちには見聞した内容をもとに、問題を整理し、解決策を検討する中で、問題発見能力・解決力などの大学で学ぶ基礎を修得してもらうことを期待しています。

    掲示日:2018/11/14

    チャリティカレンダー発売中

  • タイトル:チャリティカレンダー販売会の写真  生田目教授が指導するストリート・チルドレン芸術祭が恒例となっておりますチャリティカレンダーの販売を開始しました。
     多くの方にこのチャリティカレンダーを知って、支援をしていただくために今年も藤崎さん本店前でチャリティカレンダーを販売いたしました。そして、現在も1冊1,000円にて発売中となっており、その収益は子供たちを支援することにつながりますので、ご協力いただけると、多くの笑顔が生まれます。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

    ● ストリートチルドレン芸術祭

    掲示日:2018/11/14

    大内誠ゼミが宮盲祭に参加しました

  • タイトル:宮盲祭参加の写真  10/27(土)に大内誠ゼミでは、宮城県視覚支援学校の文化祭「宮盲祭」に学生の研究作品を出展したとの報告が届きました。
     誠先生のコメントとして、「障害児のお母さんが『うちの子がゲームに夢中になっているのを見てうれしかった』とおっしゃっていたのが印象的でした。」というものがありました。
     これをさらに広い視野で見ると、一つのゲームで、障害児とお母さんと、それを作った学生と教員が笑顔になれたということだと思います。

    掲示日:2018/11/14

    リエゾンゼミⅠにて野外活動を実施しました

  • タイトル:野外活動の写真  10月のリエゾンゼミⅠにて、地元宮城の文化を知るという「芋煮会」、自然を学ぶという朴木山での自然探索の2つの野外活動を実施しました。
     芋煮会は、学科の恒例行事となっておりますが、初芋煮会の学生を含めて自分たちで火をおこしたり、こんな風に調理をしたことがないなど、新しい学びが生まれました。
     朴木山散策では、普段とは異なる自然の中を歩くことで、普段見ることがないアクティブな姿が見れた活動でした。

    掲示日:2018/11/14

    10/6 夢ナビLIVEに三木教授が参加します

  •  10月6日(土)に夢メッセみやぎにて開催されます、「夢ナビライブ2018 仙台会場」に本学科の三木弘和教授が出演いたします。
     三木先生は4限目に「Edo Cool Japan」というテーマで講義を行います。10月2日昼の時点でまだ、申し込みが残りわずかとなっておりますので、ご希望の方はお早めに受講申込みいただけると嬉しいです。

    ● 夢ナビライブ2018 仙台会場

    掲示日:2018/10/2

    ロボットセミナーに学生が参加しました

  • タイトル:セミナーでの製作中の写真  9/8(土)~9(日)の2日間、東口キャンパスにおいて芝浦工業大学主催のロボットセミナーが実施され、本学科の学生18名がアシスタントとして参加しました。
     昨年に引き続きの開催で、今回も約80名の小中学生が参加し、リモートコントロールで動くロボットを最初から製作し、2日目の最後に製作したロボットを使ってコンテストを実施しました。本学から参加した学生たちからは、教えるのはとても大変だったが貴重な経験をした、という意見を多数聞くことができました。また、参加者した子どもたちからも「丁寧に教えてもらったお陰でロボットを完成させることができた」と好評を得たようです。

    掲示日:2018/10/2

    後期講義、入試がスタートしました

  •  ご報告が遅くなりましたが、9月7日より本学の後期講義が開始となりました。
     夏休み期間中、静かだった学内には、学生たちの姿が戻り、とても賑やかになってきました。教員としては、静かな時間で研究をという想いもありながら、やっぱり学生たちに会って、講義をするのも大切だなと感じる時間となっています。

     そして、もうすでに次年度に向けた動きとしまして、AO入試が始まりました。今後、推薦、一般入試など各種入試が始まりますので、多くの方の受験をお待ちしております。

    ● 入試情報

    掲示日:2018/9/20

    完了報告:ベトナム社会主義共和国スタディーツアー

  • タイトル:スタツアの写真  生田目教授、石野教授、大内(真)准教授らが10名の学生を引率し、ベトナム社会主義共和国にて実施したスタディツアー(ベトナム枯葉剤被害者支援スタディツアー)が無事に終了いたしました。
     今回のツアーでも、現地の方々だけでなく、多くの方のご協力の下、ベトナムにおける枯葉剤被害について様々な見聞をしてきたようです。報告の詳細は、学科のFacebookページにて報告がされておりますので、ぜひ御覧いただけると幸いです。また、近日中には、大学の公式サイトにも記事がUPされると思いますので、ご覧いただけると幸いです。

    ● 東北福祉大学
    ● 情報福祉マネジメント学科Facebook

    掲示日:2018/8/27

    完了報告:キルギス共和国スタディーツアー

  • タイトル:スタツアの写真  生田目教授が3名の学生を引率し、キルギス共和国にて実施した国際協力スタディツアー(通称:スタツア)が無事に終了いたしました。
     今回のツアーでは、キルギス共和国に派遣されている本学OGの多大な協力の下、様々な見聞をしてきたようです。報告の詳細は、学科のFacebookページにて報告がされておりますので、ぜひ御覧いただけると幸いです。

    ● 情報福祉マネジメント学科Facebook

    掲示日:2018/8/14

    活動報告:スタツア to キルギス

  • タイトル:スタツアの事前研修会の写真  生田目教授が今年も国際協力スタディツアー(通称:スタツア)として、8月5日から12日まで、本学学生3名ともに渡航いたします。今年の訪問先は、本学の卒業生2名(1名は学科卒業生)が青年海外協力隊員として活動しているキルギス共和国となります。生田目教授も初の中央アジアでわからないことばかりとのことで、元協力隊員の方のご参加もいただいて行なった事前研修会を開催いたしました。

    掲示日:2018/8/4

    8月6日より通学生夏季休業期間に入ります

  •  8月6日~26日までの間、通学生は夏季休業期間に突入します。1年次学生にとっては、前期が終了し、大学のなんとなくの生活感覚ができてきたと思いますが、やっとゆっくりと休める期間になります。2年次、3年次、4年次にの学生にとっても長期の休みは久しぶりとなりますので、ぜひ普段の大学生活では体験できないことに挑戦し、充実した顔でに後期講義が再開となる9月7日を迎えられることを願っています。

     ・8月6日~8月26日   通学生夏季休業
     ・8月27日~8月29日   前期集中講義Ⅰ
     ・8月30日~9月1日   前期集中講義Ⅱ
     ・9月4日~9月6日   前期追試験期間

    掲示日:2018/8/4

    図書館とのコラボ講義を実施しました

  • タイトル:受講風景の写真  前期最後のキャンパスライフ入門にて、本学の図書館とのコラボ講義を実施しました。講義では、図書館スタッフの方をお招きし、データベースでの情報検索法と引用、参考文献等の表記の仕方を実習を交えながら講義いただきました。
     学生から提出されたレポートを見ると、どうしても引用、参考文献の表記が疎かになっている傾向が見られます。しかし、ネットを始めとして様々な写真やデータを無断で利用することは著作権法違反になりますので、改めて講義いただいたことで、学生たちの意識も向上し、レポートやプレゼン資料の質が向上することを期待しています。

    掲示日:2018/7/26

    履修モデルが更新されました

  •  学科の各講義の目的や、講義の関係性、そして、講義の積み重ねによる将来像を考える際の基礎資料となる『カリキュラム一覧』、『カリキュラムマップ』、『履修モデル』の最新版が大学のホームページで公開されております。ぜひ、情報福祉マネジメント学科にてどのような学びができるのかをご覧いただける幸いです。


     ●東北福祉大学 カリキュラム
    掲示日:2018/7/26

    講義の課題作品を公開しました

  • タイトル:学生の講義課題作品の写真  学生の学びの見えるかではありませんが、学生たちがどのようなことを学んでいるのかを知っていただくきっかけとしまして、デスクトップパブリッシング(2018年度入学生よりグラフィックデザイン実習)をご担当いただいている板持先生より学生の作品が届きました。
     本講義では、パソコン上でのデザインを実際にプリントアウトし、デザインを現物化する手法を学ぶことを通して実践力を修得する講義となっております。今回は複数課題の中のパッケージングデザイン課題を情報福祉マネジメント学科Facebook にて公開しましたので、ご覧いただけると幸いです。

    ● 情報福祉マネジメント学科Facebook

    掲示日:2018/7/19

    学科主催セミナーPart2を実施しました

  •  7月18日(水)の3限目に、今年度2回目の学科主催セミナーとして、前回に引き続き国家公務員の仕事を知るというテーマで法務省 東北少年鑑別所、 東北少年院の職員の方による出張講義を実施しました。
     未成年者が法を犯した際に、どのような手続きがなされるのか、また、その中で少年鑑別所、少年院がどのような役割をもっているのかなどについて、講話をいただきました。講師のお二人は、各施設での指導内容だけでなく、実際に関わる少年少女が、1,2年生と同じ年齢であることをきっかけとし、学生たちにとって無縁の話ではないことを伝えていただき、前回に引き続き真摯に話を聞く姿が見られました。

    掲示日:2018/7/19

    学科に新しい備品が届きました

  • タイトル:新しい実習機と3Dプリンタの写真  近年の学生より、貸与されているPCでは課題の3D動画の描画処理や研究をする上での負荷が大きいとの声が聞こえてくるようになりました。
     ということで、学科に新しい備品として、新しい実習機(3台)と3Dプリンタ(1台)が導入されました。
     実習機の性能としては、最先端とまではいきませんが、それでも高性能なCPUやグラフィックボードを搭載しており、また3Dプリンタも30cmクラスの大きな作品が作れるものとなっております。学科長からも学生にどんどん利用してほしいとの言われておりますので、みなさまぜひご活躍下さい!

    掲示日:2018/7/6

    三木教授プロディースの舞台の幕が上がります

  •  直前のご報告となりますが、7月6日(土)に東北芸術工科大学にて三木教授プロディースの舞台『詩劇 花はくれない』の幕が上がります。昨年に引き続き上演となりますが、今年は東北芸術工科大学にて開催される「第11回国際絞り会議in Japan」 の前夜祭での公演となります。
     観劇については、チケットが必要となりますが、学会参加者以外の方も見ることが可能とのことでしたので、ぜひご観覧をいただけると幸いです。

    ● 7・6 三木教授主宰の劇団I'Mが東北芸術工科大学で公演

    掲示日:2018/7/6

    高橋助教が公開講座の講師を務めました

  •  6月30日(土)に本学の東口キャンパスにて大学公開講座として「道具を使って広がる障がいの世界」を開講いたしました。
     内容は、本学科の講義である情報支援技術論や情報支援実習の内容をベースとした支援技術に関するワークショップ形式で進行され、受講者の方も参加型という形式を楽しみながら受講していただいたようです。
     受講生のコメントなども大学公式サイトの記事に掲載されておりますので、そちらもご参考ください。

    ● 大学公開講座「道具を使って広がる障がいの世界」を開講

    掲示日:2018/7/6

    学科主催セミナーを実施しました

  • タイトル:出張講義の様子写真  6月20日(水)の3限目に、学科主催セミナーとして、国家公務員の仕事を知るというテーマで宮城労働局の方々による出張講義を実施しました。
     学生にとって身近な話題である、アルバイトや就労などに関する労働法に関しての講話と、労働環境を守るための職業である労働基準監督官の職務についての講話をいただきました。講師のお二人は、具体的な事例や公務員試験の体験談を交えながらの講話であったことから、普段の座学の講義よりも真摯に話を聞く姿が見られました。
     受講した学生のコメントなどは大学公式サイトの記事に掲載されておりますので、そちらもご参考ください。

    ● 大学公式サイト「学科主催セミナーを実施しました」

    掲示日:2018/6/22

    高橋助教が本学の公開講座の講師を務めます

  •  6月30日(土)13:00~14:30に本学科の高橋助教が大学の公開講座「道具を使って広がる障がいの世界」の講師を務めます。
     内容は、本学で実施している「重度障害者ICT支援コーディネータ育成」課程で学ぶ、様々な人々とのコミュニケーションツールである透明文字盤や意思伝達装置などの使い方などの体験を通した、コミュニケーションについて考えることを公開講座として、社会に還元する内容となっております。
     今週の20日(水)が申し込みとなっておりますので、もしお時間のある方がいらしたら、いかがでしょうか?

    東北福祉大学 公開講座 「道具を使って広がる障がいの世界」

    掲示日:2018/6/18

    大学生サイバーボランティアに参加します

  • タイトル:宮城県警察大学生サイバーボランティア委嘱者の写真  5月18日(金)に、宮城県警察本部にて行われました宮城県警察大学生サイバーボランティアの委嘱式に本学科の学生も出席し、委嘱いただきました。この活動は、宮城県警察公式の活動であり、インターネット上に氾濫する違法情報・有害情報を発見し、警察に通報する活動となっており、本学科は今年度より初の参加となります。
     本学科の学生を含め、大学生はインターネットやSNSを活用することが多くなっておりますが、若者の日常に潜む違法情報・有害情報に出くわした際にどうしたら良いのか悩み、そのままにすることが多かったと思います。そのため、この活動を通し、警察と連携することによって、若者の身近な危険を少しでも減らすことに貢献できると考えておりますので、学科としてもサポートして参ります。

    掲示日:2018/5/21

    ゴールデンウイーク(4/28~5/6)について

  •  4月28日(土)から5月6日(日)に掛けまして、情報福祉研究室はお休みをいただきます。
     各種ご連絡やご相談をいただきましてもご返信が遅くなりますことを、ご了承お願い致します。

    掲示日:2018/4/27

    生田目先生が執筆した本が出版されました

  • タイトル:執筆本の表紙写真  本学科の生田目先生をはじめ、本学の長谷川先生、萩野先生、伊先生を含めた各分野の専門家が、各々の視点から日本国内および国際的な課題について論じた書籍『危機の時代と「知」の挑戦』が発刊となっております。
     生田目先生は下巻に執筆をしておりますので、本屋等で見かけましたら一度手に取っていただけると幸いです。

    ● 危機の時代と「知」の挑戦 上巻
    ● 危機の時代と「知」の挑戦 下巻

    掲示日:2018/4/27

    講義で創作した作品が展示中です

  • タイトル:講義創造表現技法Ⅰの作品提示の風景写真  昨年度、三木先生が担当する創造表現技法Ⅰ内で講義課題として創作した作品が1-8-1ホール(学食)内に展示されております。
     「平面構成におけるデザイン基礎演習」をテーマに、色彩や文様を活用した様々な表現を創作することを通して、平面構成力やイメージ喚起力を身につけることが目的となっております。
     担当の三木先生曰く「デザインの作品は、様々な人に見てもらってこそ」とのことでしたので、ぜひ見ていただき、感想等を三木先生へお寄せください。

    掲示日:2018/4/27

    2018年度講義が始まりました

  • タイトル:初回講義の様子写真  2018年4月9日(月)より2018年度の講義が開始されました。ゴールデンウィークまでの期間、新入生にとっては、初の90分講義だけでなく、自分で学びたい講義を様々な条件を考慮して選択するなど新しい環境に慣れることも含めて大変な時期となります。ですが、そこを乗り切ると少しずつですが余裕が出てくると思いますので、頑張りましょう。
     そして、情報福祉マネジメント学科では、今年も本学科を選択してくれた学生たちに感謝するとともに、講義や各種ガイダンスなどを通して、新入生・在学生がより充実した学びの機会を提供するべく、教育とサポートをいたします。大学生活にて困ったことがありましたら、遠慮なくH-One館3階の情報福祉研究室まで相談や語らいに来て下さい。

    掲示日:2018/4/13

    2018年度入学式が挙行されました

  •  記事が遅くなりましたが、2018年4月8日(日)に本学の入学式が挙行されました。
     式では、新入生代表として、情報福祉マネジメント学科の綱脇慧くんが担当し、全入学生を代表して、宣誓文を読み上げました。詳細は、本学のWebサイトに記事として紹介されておりますので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

    平成30年度「入学式」東北福祉大学

    掲示日:2018/4/13

    新年度がスタートいたしました

  •  4月2日より本学も本格的に新年度がスタートいたしました。
     学科としては、昨年度末を持って、水谷 浩 先生、西野 毅史 先生が本学を離れ、新たに大倉 峰雄 准教授と、栁田 恵梨奈 助手が着任いたしました。
     そして、新入生のガイダンスが4月4日よりスタートし、新たな学生を迎え、新しい気持ちで2018年度も学科の良いところを伸ばしながら教育、社会貢献に励んでまいります。
     みなさま、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    掲示日:2018/4/4


    2017年度の過去のニュースは2017 Old Newsにて確認できます



〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto@tfu-mail.tfu.ac.jp
       助 手  高橋 俊史 t-taka@tfu-mail.tfu.ac.jp
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.