水谷研究室の紹介
Welcome to Mizutani's lab


水谷 浩(HIROSHI Mizutani)

担当科目:情報福祉基礎実習Ⅰ・Ⅱ、情報福祉論Ⅰ、ツーリズム論、人間基礎論(副担任)

最終学歴:兵庫県立神戸商科大学大学院 経営学研究科 博士課程

所属学会:日本商品学会、生活経済学会、日本感性福祉学会、日本福祉介護情報学会、日本社会福祉学会


研究の概要
「身近な家電製品を肢体不自由児・者の日常生活に役立つ道具として活用するためには、どのような配慮や工夫(バリアフリーやユニバーサルデザイン)が必要なのか?」という問題意識の下、情報福祉分野における商品・サービスの役割について調査・研究に取り組んでいます。

主な研究業績
■単著
「障害児・者や高齢者にとって有用な商品の開発についての考察」(商品研究、52巻3・4号、2004年1月)
「在宅介護サービスにおける福祉情報化の現状と課題」(星陵台論集、第34巻1号、2001年7月)
「高齢者と障害者との福祉サービス一体化によるビジネス化促進の提案」(星陵台論集、第33巻2号、2000年11月)

■共著
「21世紀における産業としての清酒」(兵庫県立神戸商科大学経済研究所 研究資料No172、2000年5月)
「日向蛤碁石」(財団法人九州経済調査協会 研究報告No224、1998年10月)

Last update on 2005-12-09