東北福祉大学ロゴ


    システム開発能力を身につける

  •  「コンピュータはソフトウェアがなければただの箱」と表現されるのは、みなさんご存知かと思いますし、知らない方でも想像しやすいと思います。Microsoft社のWord を起動すれば、コンピュータはワードプロセッサに変身しますし、Adobe社のIllustrator(イラストレーター)を起動すれば、コンピュータはイラスト編集マシンに変身します。これらのソフトウェアは、システムエンジニア(SE)によってデザインされ、プログラマによって開発・テストされます。

     本学科では、最新のプログラム開発技法を学びます。たとえば、全学生に配布されたMacBook Airを用いてiPhone やiPod Touch のアプリケーションを開発したり、Microsoft社のKinectと連動した3Dのリハビリテーションソフト開発をしたりしています。また、オブジェクト指向開発や工程管理技法などについても実習をしながら学びます。さらには、単にプログラムの開発にとどまらず、コンピュータのハードウェア技術や利用技術、管理技法、設計技法なども含めたシステム開発能力も育成します。

       3年次や4年次は、実際にアプリケーション開発を行います。過去に開発した代表的なアプリケーションとしては、以下があります。

  •  ・ 視覚障害者向けタイピング練習ソフトウェアの開発
  •  ・ iPhoneを用いた坐禅アプリケーション
  •  ・ 点字・指点字学習ソフト
  •  ・ 視覚障害者のための歩行訓練バーチャルリアリティ
  •  ・ 3DCGを用いた手話学習ソフト
  •   

    学生の制作したiPhone用アプリケーション『i禅』の操作画面
    iPhoneを用いた坐禅アプリケーション『i禅』



<情報支援技術                      汎用的能力>

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto福tfu-mail.tfu.ac.jp※
       助 教  高橋 俊史 t-taka福tfu-mail.tfu.ac.jp※
※迷惑メール対策のため、メールでのお問い合わせの際はお手数ですが、「福」を「@」に修正ください
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.