東北福祉大学ロゴ


    3つのコース設定

  •  大学は知識の集合体です。本学科においても情報技術・社会福祉・デザイン・マネジメントなどを軸に様々なことを学ぶことができます。そのため、一つのことを深く追求することや、多角的な視点から研究することができます。しかしその一方で、興味のある学びだけを集めた結果、学びが広く浅くなり、就職活動の際に自分が何を学んできたのかをアピールできないことが起こりえてしまいます。

     そのため、本学科では、学びの軸を明確化するために2012年度よりコース制を採用しております。学びの軸を明確化することは、学ぶ目的や方向性を意識しながら履修することとなり、その結果として深い学びにつなげることをねらいとしています。コース選択までの流れは、1年次に専門知識を学ぶための基礎を形成し、2年次から本学的に選択する流れとなっています。また、コース選択では、1つに絞るだけでなく、主軸となるコースともう一つの視点としてのコースを選択し、多角的な視野から研究することも可能となっています。


  • ヒューマンサポートコース

  • タイトル:ヒューマンサポートコース講義風景 写真  本学科の前身である情報福祉学科の時から培ってきた情報技術の福祉活用を軸に学ぶコースです。情報活用能力やシステム開発能力などに限らず、福祉と技術が交わる部分である重度障害者へのコミュニケーション支援に関する機器や技術を主な学びとして配置し、意思伝達支援アプリや運動支援ソフト、学習支援ソフトなどの研究が行える知識や技術の修得を目指します。特に、情報技術を用いた支援技術に関しては、重度障害に関わらず、高齢者や児童に関わらず私達の生活をさらに豊にするシーズ(種)を学ぶことになります。

  •  主な講義:情報支援基礎実習、モバイルコンピューティングなど
  •  主な進路:システムエンジニア、プログラマ、企業や行政の情報管理者

  •    東北福祉大学公式サイト ヒューマンサポートコース

  • 創造メディアコース

  • タイトル:創造メディアコース講義風景 写真  情報とは、コンピュータや機械技術だけを意味する言葉ではありません。私たちが常に目にする文字や物のデザイン、踊りなどの身体表現が表す想いや感情も情報と捉えることができます。情報は、常に新しいものが生まれ、すぐ古くなります。そういった社会において新聞やニュース、雑誌、Webページなどの各種メディアを通して、その時に求められる情報を適確に活用、編集、発信できる、先見性・デザイン力・発信力などを修得することを目指します。

  •  主な講義:創造表現技法、デスクトップパブリッシングなど
  •  主な進路:印刷・出版、テレビ制作会社などのメディア関係など

  •    東北福祉大学公式サイト 創造メディアコース

  • 企業マネジメントコース

  • タイトル:企業マネジメントコース講義風景 写真  国会においてもブラック企業という言葉を耳にするほど、企業の業績だけでなく健全な企業経営が求められています。健全な企業経営のためには、経済、経営の知識のみならず、企業内の人事管理や福利厚生などにより、社員が働きやすい環境をマネジメントすることが必要です。本コースでは、社会人として必須である社会を見る目、汎用的能力の修得を基礎とし、企業のキーマンとして期待されるマネジメント能力を修得することを目指します。ます。

  •  主な講義:リーダーシップ論、人事管理論、リスクマネジメント論など
  •  主な進路:起業家、一般企業、行政など

  •    東北福祉大学公式サイト 企業マネジメントコース


<人材育成の目標                                 カリキュラムの構成>

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto福tfu-mail.tfu.ac.jp※
       助 教  高橋 俊史 t-taka福tfu-mail.tfu.ac.jp※
※迷惑メール対策のため、メールでのお問い合わせの際はお手数ですが、「福」を「@」に修正ください
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.