東北福祉大学ロゴ


    情報福祉マネジメント論

    テーマ:情報福祉マネジメントとは何か? 

  • タイトル:情報福祉マネジメント論の講義風景 写真  本学科の名称である「情報福祉マネジメント」とは、社会においてどのような役割を担っているのか、そして今後何を期待されているのかについて、学科所属の先生方の研究を基に学ぶ講義です。

     学科の目的を理解することに加えて、所属する先生方の専門分野を知ることで、自分が何を学ぶことができるのかを知り、これからの大学生活にて、何を目指し、学びを重ねていくのかを考えるきっかけともなる講義です。


    情報処理論Ⅰ

    テーマ:情報処理技術に関連する基礎知識の習得 

  • タイトル:情報処理論の講義風景 写真  「目の前のパソコンを使うことはできるけれど、これは一体どういう仕組で動いているのだろうか?」ということは少なく無いと思われます。しかし、この状態では、情報処理技術をしっかりと把握しているとは言えません。

     そのため、本講義では、計算機の発展史の解説から始まり、今日的な情報技術の到達点を論じた後、情報の表現体系、五大装置とその仕組みなどを重点的に学習し、情報処理に関する知識を修得します。なお、スキルについては、情報福祉基礎実習にて学びます。


    情報福祉基礎実習Ⅰ

    テーマ: WindowsとOfficeの基本技術の修得 

  • タイトル:情報福祉基礎実習1の講義風景 写真  大学生として、情報を収集する、レポートを書く、そして、プレゼンする際にパソコンの基本技術は必須となってきています。この大学生として必須のICTスキルの修得を目指す講義です。

     パソコンが苦手な学生であっても、技術修得ができるように、初心者レベルを想定し構成をしています。具体的には、Windows OSの基本操作から始まり、大学のメールシステムの操作方法、そして、PowerPointとWordについて自己紹介スライド作成や文書作成等の課題作成などを通して、基礎技術の修得を図ります。


    プログラミング基礎Ⅰ

    テーマ:プログラミングの基礎スキルの修得 

  • タイトル:プログラミング基礎Ⅰの講義風景 写真  ヒューマンサポートコースにおいて、障害者の支援ソフトや、学習支援ソフトなど、自分たちが理想とするソフトの研究を行うためには、プログラミングスキルが必要となります。そのため、この講義にてプログラミングスキルの基礎の修得を目指します。

     本学に入学前にプログラミングを学んでいる学生は多くないため、プログラミングの初歩から始まり、パソコン上で動作する基本的なプログラム開発技法まで、実習を交えて学びます。



〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号 東北福祉大学 H-One館3階 情報福祉研究室
E-Mail :学科長 大内 誠 makoto福tfu-mail.tfu.ac.jp※
       助 教  高橋 俊史 t-taka福tfu-mail.tfu.ac.jp※
※迷惑メール対策のため、メールでのお問い合わせの際はお手数ですが、「福」を「@」に修正ください
TEL & FAX :022-301-1178(情報福祉研究室)
Copyright © 東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 All Rights Reserved.